<< 痩身エステの冗談は | main | 痩身エステの春 >>
2017.01.13 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.08.17 Monday

    ポイントは痩身エステ

    0
      それが、バイトを逃してしまうこともある。 
      それゆえ、ジャークは強すぎず弱すぎず。 


      それでは、バスへのアピールが不足する。 
      そう感じるならば、ルアー自体をサイズアップする。 


      ニゴリに対してもサイズアップで対処できる。 


      食いの悪さを懸念しすぎてサイズを落としすぎると、 
      逆に、反応を得にくいことが少なくない。 


      まずは、110mmクラスから初めて補正していけばいい。 


      ポイントは痩身エステ、ステイの時間。 
      少なくとも、2秒〜3秒は取りたい。 


      食いが悪いと感じサイズは抵抗なく落とせるけど、 
      ステイの時間を取ることをしないのは本末転倒。 


      まずは、しっかりと止めて緩急をつけること。 


      ジャークベイトは、動いている状態に食わすのではない。 
      止めている時こそがバイトのチャンス。 


      ジャークそのものは、次のステイの前座にすぎない。 


      サイズを落とさずジャークとステイで食わす。 
      ジャークベイトの本領を余すところなく発揮させよう。 
      2017.01.13 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする